TOP > 富山の介護仕事情報 > 介護士の仕事内容は相手の尊厳を護る事です

介護士の仕事内容は相手の尊厳を護る事です

介護の基本概念と言うのは、とにもかくにも相手となる介護を必要とする人に対して、その尊厳を守る事にあります。つまりは相手が如何に安心した生活を送れるかどうかに対してのお世話をする事が介護士の仕事内容と言う事になります。しかも、それは朝、昼、晩の、24時間体制と言う事になります。但し、この場合は、介護の施設に預かっている方々をお世話する場合です。中には訪問介護と言う分野もあり、一定の時間のみの自宅に訪問して介護に当たると言う仕事の場合もあります。またはお年寄りが朝から施設に訪れて夕方には自宅に帰ると言う施設もあり、介護の分野としても様々に分けられます。但し、その相手となる老人、高齢者の日々のお世話をする職員を介護員、介護士と言う呼称になります。多くはその専門の資格を所有しています。

まだ午前4時です。その時間帯から既に介護の仕事は始まります。老人ホームやその他の施設では、この時間帯がオムツ交換と言う事になります。つまりは排泄介助と言う事になります。お年寄りの中にはベッド上に寝たきりの人もいます。その方々の介助です。中には排泄が多量で着衣も交換と言う事もあります。全ての排泄介助が終了すれば、今度は食事のために着衣を普段着に着替えます。大凡職員2名が受け持ちます。ベッドの上で食事をする場合は必ず職員一人が介助するなり見守ります。そしてその多くは車椅子に乗って食堂に移動します。そして食事介助となります。居室に戻って午前中を過ごします。そして午前のオヤツと午後のオヤツも大切な一日のリズムです。そして午前中に入浴と言う場合もあります。入浴介助、そして着替えもまたこの時に行います。

当然、入浴の時にはベッドが空いてますから、この時にベッドメイキングも行います。そしてお昼と夕の食事も時間帯で介助する事になります。施設で高齢者のために午後からはレクレーションを行います。様々な遊びや学習らしい事も含めて楽しく時間を過ごすと言う事になります。それが終了すれば、今度はまた各居室を回っての排泄介助と言う事になります。夕方になれば、今度は就寝するために普段着から寝具に着替えます。ここで一旦、日勤者の勤務は終了と言う事になり、夜勤者にバトンタッチとなります。夜勤者は多くは夕方から少ない人数で勤務をします。多くは夜の各居室の巡視と言う事になります。ただ、夕食から一定の時間で深夜前に排泄介助を行います。その後は深夜帯は巡視が一般的です。夜明けになれば、早朝4時頃からの排泄介助を行い、その後に顔拭きと言う業務もあります。

PAGE TOP